どーも、むっくん@mukkun_lifeです。

今日はSHISHAMO ワンマンツアー2018春
「ドキドキしながら手を握ったのは、君には見えないあの娘が大人になるのが怖かったから」
に参加しました。

会場は大阪オリックス劇場

なんとツアー初日に参加することができたのですが、2階席の2列目という非常に見やすい席で楽しむことができました。

SHISHAMOについての想いはまた書かせていただくとして、とても楽しい約3時間のステージでした。ちょうど、水色の日々という新曲がリリースされたところだったので、おそらく初披露であろう場に立ち会えて幸せでした。

先ずはネタバレを最小限に・・・

スポンサーリンク



今回はホールツアーということもあり、映像も使った演出が見事でした。しかもその映像のアニメーションの部分は全て、ギターボーカルの宮崎朝子さんが書いたそうです。

セットリストも後から調べてみると24曲もあってとても濃い時間を過ごすことができました。

行く前はSHISHAMOで5000円のチケットは正直高いなぁ・・・と思っていたのですが、これは5000円でも十二分に行く価値のあるステージだとめっちゃ感じました。チケット代が高いということで迷っているそこのあなた、今までツアーで訪れたことがない街にも行くようですし、    今回のツアーはお小遣いを前借りしてでも行く価値ありです!

ちなみに大阪公演は2日間ともsold out(=売り切れ)だったそうです。
なのでチケットのご購入はお早めに。

今回のツアーのようなステージを見せられると7月28日に開催されるSHISHAMO NO 夏MATSURI!!! ~ただいま川崎2018~にも行きたくなりますね。
会場はなんと等々力陸上競技場
こちらでのミュージシャンのライブはなんと史上初らしいです。
むっくんも大阪から遠征しようか悩んでいます・・・。笑

ここからはネタバレ注意です。

スポンサーリンク



はじめにちょっと残念だった点から

はじめに廃校に迷い込む映像(宮崎朝子画伯)のアニメーションがあったけど、そこの声が効果音だけなんだよね。なんでそこまで映像に凝って、オバケに声をあてるぐらいだったら本人たちも自身の声をあてたらよかったんじゃないかなというのが1つ。

その廃校のアニメーションの幕間でメンバーがステージに登場して、お決まりの入場時のBGMが流れたのですが、そこはあくまでも廃校の設定(?)のはず。そこで流すのは違うんじゃないかなぁ。。廃校を抜けて、いざライブスタートというタイミングで流したら良かったんじゃないかと思ったり。

あと、セットリスト。アンコールで新曲を初解禁したのですが、SHISHAMOのアンコールといえば「恋する」という曲が定番だったので、新曲も朝子さんのMCも素晴らしかったのですが、ちょっと盛り上がったというより、しんみりという感じで終わったんですよね。そこが寂しいと漏らしていた人もいました。

本編最後が紅白歌合戦でも歌われた「明日も」だったので、新曲とアンコールの曲が逆ならもっとよかったんじゃないかなぁと感じました。本当は「恋する」を演奏するタイミングを変えてもよかったんじゃないかと思ったり

スポンサーリンク



素晴らしかった点

どこからどこまでを書こうかと迷うぐらい素晴らしいステージでした!
久しぶりの約3時間のステージですが、あっという間に感じました。

はじめの映像のストーリーも若干ツッコミどころはあったもののとてもメンバーの個性が存分に描かれたストーリーになっていたと思います。そして、廃校をイメージしたステージもGOOD。演奏も歌もキャリアを積むに従ってパワーアップしているのを素人目にも感じることができました。
特に松岡彩さんは普段はベース担当なのですが、アコースティックの演奏の際は鉄筋と鍵盤ハーモニカを担当するのですが、今まで以上に素敵な音色を奏でていました。

まとめ(ネタバレないよ)

映像も演奏もパワーアップしたステージ、SHISHAMOの代表曲の「君と夏フェス」ではありませんが、できれば誰かと、願わくば、好きな人と観に行きたいステージでした。今年の夏は等々力競技場でのライブ以外はない夏フェスは出ない)とのことなので東京、愛知、石川、新潟、釧路、札幌、高知、香川、京都、神戸、熊本、福岡、三重、奈良、宮城、山形、島根、広島のみなさんはもちろん、お近くのみなさんもぜひSHISHAMOのライブに足をお運びください。大阪公演には還暦を超えたような方も参加されていたので老若男女問わず、多くの皆さんに楽しんでいただけるステージだと思います!

こちらの新アルバムの発売も待ち遠しいですね!

また、2019年6月リリースのSHISHAMO初のベストアルバムも待ち遠しいですね!

スポンサーリンク




最後までお読みくださりありがとうございます。むっくん@mukkun_lifeでした。