どーも、むっくん@mukkun_lifeです。

みなさんは、学生から社会人になる時に戸惑いはありませんでしたか?
今日はそんなみなさんにおすすめしたい1冊を紹介したいと思います。

それはこちらっ!

菊原智明(きくはら・ともあき)さんの書いた『今日から営業部に配属になった、佐々木です。』という作品です。

ひとこと感想

学生と社会人との狭間を埋めてくれる一冊。特に営業職志望の方にオススメ。小説としても主人公の佐々木の成長に共感できるかも?!

あらすじ

スポンサーリンク



<内容>
営業マンなら誰でもぶつかる壁、それを乗り越えるノウハウ、営業マンとして最低限必要なスキルなどを、
わかりやすいストーリー仕立てご紹介!!

大学卒業後、ハウスメーカーの営業マンとして新生活をスタートさせた主人公の佐々木サトシ。
その新人営業マンとしての最初の2年間の奮闘の日々を描きます。
営業マンなら誰でも必ず直面する9つのシチュエーションをご紹介。
読者の皆様は、主人公と共にそれらを疑似体験できるようになっています。
各章のおわりには「このお話の教訓! 」というまとめの項目をご用意。
さらに、営業スキルの確認用小テストと、その解答解説もついています。
大学の就職課の方や企業の研修担当の方にも、テキストとしてご参考にして頂ける1冊です。

<主要目次>
Mission1「最低限のマナーを身につけよ! 」
Mission2「まずはお客様の警戒心を解くことを考えよ! 」
Mission3「営業マンは演技力を身につけよ! 」
Mission4「恐怖心をやわらげるためのアイテムを手に入れよ! 」
Mission5「苦手な相手と仲良くする方法を身につけよ! 」
Mission6「商談を契約にまとめる力を身につけよ! 」
Mission7「契約後のアフターフォローを身につけよ! 」
Mission8「周りの人を味方にする方法を身につけよ! 」
Mission9「学校と会社の結果の出し方の違いを理解せよ! 」

特徴

1人の営業マンが成長していく姿を追体験できる1冊。
章末に確認テストがついているのも画期的ですね。

感想

スポンサーリンク




むっくんはいわゆる就活や一般企業での就職を経ずにブログを書いているので、新鮮に感じることがたくさんありました。
きっと、営業マンとしてバリバリと成果を出している方には当たり前にできていることかもしれませんが、営業という仕事をする上で最低限必要なことを教えてくれる1冊であると感じています。
ご縁があって社会人の方とお話する機会はたくさんありましたが、イケてる営業マンはこういったことをできているなぁ〜という印象を受けました。
また、大学や企業研修の教科書としても採用されているらしいので、社会に出ても役立つことが満載であるといって間違いないと思います。

むっくん個人としては、
Mission4「恐怖心をやわらげるためのアイテムを手に入れよ! 」
の章で、夜にお客様にお会いしたい時は午前中に◯◯時頃伺いますというメモを先に届ける。というところが画期的に感じました。

まとめ

繰り返しになりますが、この本の特徴として、主人公の成長を追体験しながら営業スキルを学ぶことができる。ということと、章末に確認テストがついている。ので記憶への定着率も高いと思います。

社会人で自分自身の営業スキルに自信がないみなさんはもちろんのこと、社会人を目指す学生のみなさんにも就職活動は自分自身を営業する場面という視点からもおすすめできる1冊です。そして、営業職に就きたいと思っているあなたや、「営業職ってどんな仕事なんだろう?」と感じているあなたにも特に役立つであろう1冊です。

スポンサーリンク



最後までお読みくださりありがとうございます。あなたの営業スキルをストーリーとともに学べる1冊いかがでしょうか?!