どーも、むっくん@mukkun_lifeです。

はじめに

今日紹介したい本はこちらです。
マンガでよくわかるエッセンシャル思考』です。

こちらの本になります。

あの、『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』のマンガでストーリー展開をしながらわかりやすく、書き直したものです、

皆さん、この本、見覚えありませんか??

大きな書店やネットショップの中でご覧になったことが多い方も多いはず。

ところが、いきなり手にするには敷居が高い。

そう思って色々調べているとこの『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』を見つけました。

むっくんは、翻訳本が苦手だったのでこの本で概要をつかんでから、『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』を読みたいと思ったので手にしたのがきっかけです。

感想を一言で

非常にわかりやすい。『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』を読むためのハードルが下がった。しかし、学校現場を舞台にしているところが、ビジネスマンにはどう映るのだろうか・・・?

評価

☆☆☆☆

あらすじ

スポンサーリンク



最少の時間で成果を最大にする方法が
マンガでわかる!
シリーズ累計20万部!
日米ベストセラーの
『エッセンシャル思考』が、
ついにマンガ化。
Apple、Google、Facebook、Twitterの
アドバイザーを務める著者の
99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?

小学校の教師になった主人公・貴代は、
頼まれた仕事をすぐに引き受けるまじめながんばり屋。
周囲の期待に応えて4年目にして学年主任に抜擢されるも、
優秀な人ほど陥りがちな「成功のパラドックス」にはまる。
そんなときに、幼なじみの前沢 塁に再会し、
「99%の無駄を捨て1%に集中する方法」について聞かされる。
そして貴代は、エッセンシャル思考を自分のものにしながら、
最少の時間で成果を最大化できるように。
エッセンシャル思考が目指す生き方は、
「より少なく、しかしより良く」。
すでに『エッセンシャル思考』を読んでいる人も、
はじめて『エッセンシャル思考』を読む人も
人生を自分の手に取り戻せる1冊です。

むっくんむっくん

小学校が舞台のビジネス書は珍しいなぁ〜


と思いつつ楽しく読みました。

どんな人が書いたの

グレッグ・マキューン
シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEO。
エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく
世界中で講演、執筆をおこない、
アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、
リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、
シマンテックなどの有名企業にアドバイスを与えている。
ハーバード・ビジネス・レビューおよび
リンクトイン・インフルエンサーの人気ブロガー。
スタンフォード大学でDesigning Life, Essentiallyクラスを開講。
著書の『エッセンシャル思考』と共著書『メンバーの才能を開花させる技法』(海と月社)は、ともに米国でベストセラー入りしている。
2012年には世界経済フォーラムにより「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出された。

アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、などなどの世界を動かす有名企業にアドバイスをしている方の著書といえば気になりますよね?!

この本の特徴

スポンサーリンク



いいところ

以前書いた、【書評】山口拓朗著『そもそも文章ってどう書けばいいんですか』 のブログで紹介した、『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』という本はとてもわかりやすい本だったのですが、マンガだけで話の概要をつかむことはできませんでした。

一方、今日紹介させていただく『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』は、文章を読まなくても、漫画のシーンだけでも最低限の大切なことを学ぶことができます。

イマイチなところ

先ほども書きましたが、学校を舞台にしているので社会人のビジネスマンがどのように応用するかは少し難しいと感じるかもしれません。

それに加えて、残念だったのが、小学校が舞台にもかかわらず「生徒」という言葉を使うなど、言葉遣いの間違いが気になりました。

※小学生は児童、中高生が生徒、大学生は学生になります。

(こんなややこしい日本語の話もまたブログに書く予定です。)

読んでみてどうだったのか

僕自身、学校現場でボランティアなどをしていた経験があるのでストーリーの様子はハキハキと伝わってきました。

ただ、これをビジネスマンが応用するには少し頭を使う必要があるように感じました。

社会人経験のないむっくんが読むからそう感じるようになったのかもしれませんが^^;

「より少なく、しかしより良く」を追求する生き方

これがエッセンシャル思考の基本的な考え方なのですが、どうやってそこを求めていくのかのヒントがたくさん散りばめられていました。

どんな内容かって?
それは是非とも

こちらの本でご確認ください。

この本を読んでほしい人

多くのビジネスマンにおすすめですが、小学校を舞台にしているので特に学校の教師をしている方にはおすすめです。

おすすめできない人

特にいないはず。マンガが苦手な方は活字を読むだけでも得るものは大きいと思います。

まとめ

今回取り上げた『マンガでよくわかるエッセンシャル思考』の元になった『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする
もともと気になっていた本ではあったのですが、ブログ界で有名なクロネさん@kurone43が紹介されていたので背中を押してもらった感覚です。

まだ、読みきれていない本編『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』を読んだ上でクロネさんおすすめの3冊読むと誓って筆を置きたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。