どーも、むっくん@mukkun_lifeです。

今日書くことは叩かれるかもしれないけど、メンタルが弱いので優し目に見ていただけたら幸いです。

また、徒然なるまま書くので多少読み苦しい点があるかもしれませんがご容赦ください。

むっくんはむっくんって何者?!

にも書きましたが、不安障害、パニック発作、大人の発達障害などに悩まされている平成元年生まれの現在30歳です。
(痔をコンプリートした話もありますが今回は関係ないので割愛します。)

この中でも様々な人生の課題と向き合ってるのですが、

1番困ってるのが決まった時間に決まった場所に行けないことが多い。何故だかわからないけど、出かける準備をしていると息苦しくなったり動けなくなったりするというものです。

実際、精神疾患持ちでほぼ、ニート状態のむっくんが、緊急事態制限下の中で

けばちゃんけばちゃん

どこに行く必要があるねん!!

という疑問をお持ちの方も多いと思います。

でも、行かないといけない場所があります。買い物は家族に任せるとしてもここだけは行かないといけない場所。

それは

病院

スポンサーリンク



もちろん、精神科の主治医はある程度理解してくれていますが、病院ってそこだけじゃないですよね。

むっくんは重度の花粉症なので定期的な耳鼻科と眼科の通院があります。あと、捻挫の治療で整骨院にも通院しています。

耳鼻科や眼科は午前午後約3時間ずつ診察時間があるので、比較的余裕があるのですが、かかりつけの整骨院は15分刻みの予約制

つまり、その予約時間から遅れると再予約になってしまいます。もちろん、予約制ではなく順番制の整骨院もあるかと思いますが、今の整骨院にはとてもお世話になってますし、今回伝えたいことはそこでないので、そこに深入りはしません。

スポンサーリンク



では、何を伝えたいか。それはソーシャルディスタンスを保てる飲食店(特にカフェ)はもう少し営業してほしいということです。

もちろん店員さんの身を守るためや経費と売上の兼ね合いで都道府県知事、各市町村長ならびに店長等の判断で、幾つかの店舗が臨時休業するのは致し方ないと思います。

例えばカフェで有名なスターバックスはむっくんの住む大阪では全店休業しています。ところが、大阪駅界隈には約10店舗ほどのスタバがあります。
ここが1-2店舗だけでもソーシャルディスタンスを保てる条件で開店してくれたらそういったところで、不要不急の用事までの時間を過ごすことができます。

また、その一方で、ソーシャルディスタンスを保てていない飲食店が営業しているのも悲しい事実です。

仮にソーシャルディスタンスのできているお店に入ったとしても複数人でのお客さんで来店されている方は大声で話していました。せめてこの緊急事態宣言下、営業している店舗には感謝しつつも、お客さんのおしゃべりの自粛を求めることは厳しいのでしょうか…?

スポンサーリンク



けばちゃんけばちゃん

そもそも1回家に帰ればええんちゃうの?!不要不急の病院だけ行ったらええんちゃうの?!

って声も聞こえてきそうです。
その声は正論だと思います。

ですが、なぜかわからないんですが出掛ける準備をする時、家から出ようとするタイミングで発作が出ることが頻繁にあるんです。

なので、出かけられるタイミングで家から出ないといけないんです。

緊急事態宣言が出る前のルーティンとしては(むっくんは朝も弱いので)
遅めのランチを食べる⇨カフェなどで読書やブログ準備⇨病院の午後診に行ったり、市民プールでリハビリ・トレーニングという流れが多かったです。

ですが、プールも感染リスクが高いので、臨時休業継続中。多くのカフェは休業。

かといって、病院の予約時間に出ようとしたらしんどくなる(ことが多い)

むっくん(困)むっくん(困)

いったい僕はどうしたらいいの

状態です。

誰かこの状態から一歩進むための心優しいアドバイスを がありましたらTwitterからご連絡いただけましたら幸いです。

…と短縮営業中のドトールからお届けしました。
スマホからの投稿なので、帰宅後パソコンから不自然な点があれば追記させていただきます!

スポンサーリンク

p.s最近もブログは更新できていませんでしたが7割ぐらい完成した記事が5本ぐらいあるので公開できるように頑張ります!

けばちゃんについては下記リンクをご覧ください。
スポンサー様紹介〜むっくんのイラストを書いているのは誰だ!?〜

最後までお読みくださりありがとうございます。むっくん@mukkun_lifeでした。