どーも、むっくん@mukkun_lifeです。

はじめに

皆さん、いきなりですが、剣道ってどんなイメージをお持ちですか??

生徒1生徒1

痛ーい


生徒2生徒2

防具の臭いがちょっと・・・

というようなネガティブイメージを持たれやすいのですが、今回はそんな剣道を好きになれる、剣道をやってみたくなるかもしれない1冊をご紹介します。

その本とは、『マンガでよくわかる少年剣道 (012ジュニアスポーツ)』という1冊です。

ひとこと感想

親子で読める剣道入門!!
これを読めばあなたも剣道を体験してみたくなるかも?!

評価

☆☆☆☆

内容

内容紹介
全国少年剣道大会優勝剣士を多数育てた
名門道場、完全監修!
上達するポイント、つまずきやすいポイントが
豊富なマンガとイラストでサクサクわかる!
マンガとイラストを使った、少年剣道のハウツー本。立礼・座礼から面打ちなどの基本技術、仕かけ技、応じ技までをビジュアル解説。一気に読める剣道マンガと豊富なイラストを使った実技解説で、グングン上達します。

出版社からのコメント
「剣の道は礼にはじまり、礼に終わるもの」と言われるように、剣道は心身ともに成長します。本書は技術はもちろん、礼法についても詳しく解説しています。

スポンサーリンク

感想

マンガも小学生が好きそうなストーリーだし、剣道に興味を持つ人が増えるかもしれない1冊だなと感じました。多くの漢字にもフリガナがついているので、小学校低学年から読める作品だと思います。

剣道といえば、防具をつけて竹刀を振って相手と闘うというようなイメージを持たれがちですが、実は、その根底には礼儀作法が大きく関わっています。

スポンサーリンク

剣道をあまり知らない方でも、ガッツポーズをしたら1本が取り消しになるという話は聞いたことがある方もいらっしゃると思います。そのように、礼(≒挨拶)の仕方から学ぶことができるのはとても素晴らしいと感じました。

また、技術的にも、基本は本書で身に付くと思いますが、写真や映像がないのでイメージが沸きにくいかもしれないのは難点です。

個人的には上下素振りの時の左手首が寝ているところに違和感がありましたが、諸説あるみたいですね。

DVDつきの剣道に関する本では数年前に読んだのでうろ覚えですが、この本の解説とDVDはわかりやすかったと記憶しています。

(他にもオススメの本はあったけど絶版だった泣)

おわりに

スポンサーリンク




むっくんは小学3年生から20才の頃まで剣道を続けていました。(この話はまたどこかで書きますね。)が、剣道をはじめて間もない小学3〜4年生の頃に出会いたかった1冊です。
剣道に興味を持っているお子さんをお持ちの親御さんはもちろんですが、剣道や礼儀作法についてを御子息に興味を持ってほしい方にもオススメできる1冊です。

むっくんむっくん

この本をきっかけに剣道人口が増えたら嬉しいな♪

マンガで学べる剣道の入門書あなたも1冊いかがでしょうか??

スポンサーリンク




こちらの本が好きのサイトではブログとは違った本も紹介しています!

関連記事:書評ブロガー必見、本の感想で交流する「本が好き」というサイトを知っていますか?


最後までお読みくださりありがとうございます。むっくん@mukkun_lifeでした。