どーも、むっくん@mukkun_lifeです。

はじめに

最近、ミステリー小説を読むのにハマっているむっくんが、ここ最近で読んだ中で

ブロガーむっくんブロガーむっくん

めっちゃおすすめしたい

と感じた作品を紹介させていただきます。それは

辻堂ゆめさんの書いた『卒業タイムリミット』という作品です。

ひとこと感想

誰もラストは不幸にならない、高校生を主人公にした心温まるミステリー小説

評価

☆☆☆☆

内容

内容(「BOOK」データベースより)
欅台高校で英語教師の水口理紗子が誘拐され、72時間後に始末するとネット動画で予告された。卒業間近の3年生・黒川のもとに「誘拐の謎を解け 真相は君たちにしか分からない」と犯人から挑戦状が届く。同じ挑戦状が届いたのは、元サッカー部の荻生田、学年一の美少女・澪、そして幼馴染みの優等生・あやね。ところが誰もが教師との間に問題を抱えているようで―思いがけず仲間になった彼らは、事件を解決できるのか!? 

著者

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
辻堂/ゆめ
1992年神奈川県生まれ。東京大学卒。2015年、第13回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞した『いなくなった私へ』でデビュー。繊細な心理描写と精密なミステリーで注目される期待の新鋭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

感想

いやぁ〜ここ最近、ミステリー小説を読むのに改めてハマってるのですが、

むっくん(驚)むっくん(驚)

光とカゲの部分が上手く書かれていて、見事に騙されながらも、最後に爽やかな読後感が待っている作品は久しぶりだ!

と感じました。むっくんも思わず約2時間でイッキ読みしてしまいました。

正直、犯人は途中で予想できるかもしれないけど、その誘拐事件の動機には誰しもが驚かされるはず。

僕も、

むっくんむっくん

1章から張り巡らされた伏線に見事に騙された〜

と感じてしまいました。

あらすじをAmazonから引用しましたが、「見事な伏線と鮮やかな結末。爽やかな読後感に包まれる青春ミステリーの傑作誕生!」だなんて

むっくん(困)むっくん(困)

読む前にここまでハードルを上げて大丈夫??

と感じましたが、それをも上回るかのような事件の背景と素晴らしい読後感が待っていました。
「むっくんがさらにハードル上げてるやろっってツッコミもありそうですがw」

読み終えた時には見事に騙されながらも結末には涙腺が思わずウルっとしてしまいました。

・・・と同時に教員免許を取得したものの、学校の教師になるのはやっぱり無理そうだなと感じたむっくんでした。

おわりに

主人公たちと一緒に、誘拐犯を探しながらも、ラストは爽快感のある終わり方のする青春小説はいかがでしょうか??

久しぶりの書評で感想を上手く伝えられた自身はないけど、この卒業式直前の高校生4人の奮闘ぶりの感動をあなたと共有できたら嬉しいです^^

最近、新型コロナの影響でネット書店での欠品が相次いでいますが、そんな時はネットオフさんで出会えるかもしれません。古本が多いですが、状態がいい商品に出会えることもたくさんありますよ〜

こちらの本が好きのサイトではブログとは違った本も紹介しています!

関連記事:書評ブロガー必見、本の感想で交流する「本が好き」というサイトを知っていますか?


スポンサーリンク




最後までお読みくださりありがとうございます。むっくん@mukkun_lifeでした。